札幌でEDの症状に悩んでいるならレビトラを試してみよう

服用から効果が発現するまでの時間が短い

服用から効果が発現するまでの時間が短い正しい飲み方用法用量は必ず守るようにしましょう

性的な興奮を感じても勃起しない、勃起時に十分に硬さが得られない、性行為の最後まで勃起が持続しないといったEDの症状に悩まされている男性は札幌にも数多くいらっしゃるかと思いますが、EDの症状に悩まされているならレビトラを試してみることをおすすめします。
レビトラは、バイアグラの次に誕生した世界2番目のED治療薬で、有効成分としてバルデナフィルが配合されています。
そもそも男性器の勃起は、血管拡張作用を持つcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質の働きによって起こり、PDE5という酵素がcGMPを分解することで静まります。
EDに悩まされている方は、このPED5の分泌が過剰になっているケースが多いため「勃起が起こらない」「勃起が維持できない」といった症状が引き起こされるのです。
しかし、バルデナフィルにはPED5の働きを阻害する作用があるので、服用することでEDの症状が改善される可能性があります。
また、レビトラとバイアグラの違いについてですが、このED治療薬はバイアグラよりも食事の影響を受けにくいという特徴があります。
バイアグラの場合、食後に服用すると有効成分の吸収が阻害されて効果が減弱してしまうことがありますが、このED治療薬は食事の影響を受けにくいので食後に服用しても十分な効果を得ることが可能です。
ただし、食事の影響を全く受けないわけではなく、脂っこい食事や脂肪分が多い食事の直後に服用するのは避けた方が無難です。
また、アルコールに関しても適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎた状態で服用しても十分な効果が得られない可能性があるので注意しましょう。
さらに、服用から効果が発現するまでの時間が短いのも特徴のひとつです。